バナー

タブレット型レジシステムの利便性

企業がレジシステムを更新する際に課題とするのがコストカットと工数の削減ですが、これらの課題を解決する為に近年はタブレット型のレジシステムを導入する企業が増えています。


その利便性はタブレット用のレジアプリが開発され始めた初期に比べアプリの性能が大幅に向上されたことで、基本要求以上のことができるようになっています。

今話題のYahoo!知恵袋サイトが一番おすすめです。

ではその大幅に向上した利便性を一つひとつ見ていきましょう。

まずコスト面では、従来のレジシステムでは自社内にサーバや専用の端末を設置する必要がありましたが、タブレット型ではクラウド技術の導入と専用ソフトウェアのアプリ化によって保守管理費用の圧縮とシステムカスタマイズの容易さを実現しました。さらに端末費用も年々下がっている他、レンタルサービスも利用可能で、基本サービス無料の業者も増えており、小さな店舗でも導入し易くなりました。

工数の削減では、タブレット化とアプリ化によって導入作業が減少して初期導入がし易くなり、店舗の大小に係わらず端末とマニュアルだけで簡単に導入できるようになりました。


また他のアプリや他種サービスとの連携も容易で販売促進効果も上がっています。

タブレットのレジの人気度が上昇しています。

アプリの機能面ではインターフェイスが向上していて、より使いやすくなっている他、顧客管理機能や在庫管理機能などの基本機能以外に予約管理や席管理、クーポン管理、ポイント管理などの機能も追加できるようになっています。
耐久性に関しても予備の端末をいくつか用意すればそれほど運用に支障をきたすことはないようです。

決済方法として今後はWebマネーの普及やクレジット使用の増加が予測されており、顧客獲得の為、今後もその利便性は向上されていくでしょう。